皆さんの「暮らし」に少しでも「プラス」になる「生きた情報」をお届けします。

OMURA家の暮らしプラス

イベントをもっと楽しむための情報

フリーマーケット出店で学んだコツと改善点

更新日:

こんにちは。部長のコンです。

数年前から断捨離にはまり、買取店の常連でした。

ふと、値札のついた古着を見て、

「自分で売ったらもっとお金になんじゃないか!!!」

(いつもながら、単純すぎる動機、、、)

気になったらやらなきゃ気がすみません。

ぺぺ社長も、いつもに増してやる気満々です!!

まぶしそう、、、笑

今回は、私の失敗談から学んだコツと改善点を紹介していきます!

実際に体験してきたリアルな情報なので、これから始める方は是非、参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク

失敗1  値段をあらかじめ決めておく

「値段を決めておく」というのは、他のサイトでも皆さんおっしゃっていることですよね。

私もだいたいの価格設定は決めて行きました。

値付けすると取れてしまう恐れがあるので、早めに会場に行って準備しようと考えてました。

が!!!

商品が入ったダンボールを出すや否や、どこからともなくお客さんが群がってきます。

まだ、開始時間前ですよ?なんてまったくお構いなしです!!

心構えしてないと、圧倒されますよ。

考えてたはずの値段もふっとんでしまうかもしれません。

これから出店しようと思っている皆さん!

会場行ってから準備しよう、と思ったらだめですよ!!

箱をガツガツ開けてきますからね。負けないでくださいよ。

会場に到着したときから、心構えをしておきましょう。

それと、絶対値切られるので、少し余裕を持った金額設定をおすすめします。

失敗2  お店作りの小道具、おつりを用意する

ベテランの方たちはお店作りがとっても上手です。

高さを出して商品を見やすくしていたり、ふら~っと通りすぎていく人にも値段を見てもらえるようにわかりやすく書いたり。

また、安い金額のものを手前において、お客さんを呼び込むのも効果的です。

お客さんの反応を見て、金額を変更したり、書くことを変えたりもするので、紙とマッキーペンとセロハンテープは必須です!!

また、長時間外にいるので、イスやテントなどを持ってきている方も多くいらっしゃいました!

おつりは意外となんとかなりましたが、余分にあった方がいいです。

10円単位で値切られるので、細かいおつりもおわすれなく。

 

失敗3  出店料はケチらない

私はケチりました、、、笑

いいスタートを切るためにはとっても重要です!!!

出店料の安さよりも、フリーマーケットの規模(お客様の人数や出店場所や出店数、客層)を重視しましょう!

(HPや口コミなど調べればだいたいの事はわかります。)

当たり前ですが、お客さんが多い会場、いい場所にある会場は高いです。

しかしベラボーに高いわけではないので、ここはいさぎよく決断しましょう!!

 

失敗4  お客さんのタイプをあらかじめ調べる

戦略は大事です!

私たちが出店したのは、スーパーマーケットの屋上でした。

というと、お買い物ついでによってくれる方も多いですよね?

「ついで」の方に売るのはとっても難しい!!

一方、公園などでやっているフリーマーケットは、「わざわざ」、買いにきてくれる方が多いですよね。

また、地域柄にもよりますが、今回の会場のスーパーマーケットは主婦の方でもご年配の方が多いように感じました。

いくらいい商品でも、バリバリのギャル服を売ったところで買ってはくれませんよね?笑

それは極端な例ですが、その地域の特性や来てくれそうなお客様を前々からチェックし、

どんなものがほしいのかな?

誰と行くのかな?

どんな気持ちで行くかな?

という視点で考えてみるといいでしょう。

 

失敗5  最初から飛ばしすぎない

最初ってなんでも頑張っちゃうんですよね~

お客さんが来たら喜んで声かけて、

ニコニコニコニコ笑顔作りながら、ぐるぐるぐるぐる動きまわって、、、

見てるほうが疲れますよね?笑

頑張るのはとてもいいことですが、これから先の長い道のりを考えるといい意味でリラックスをしましょう。

フリーマーケットに来るお客様は、がつがつした接客を望んでない方が多いです。

肩の力をぬいて、お客さんが見やすくて居心地のいい雰囲気を作る、これが大事なのではないでしょうか。

 

まとめ

今回のフリーマーケットで、1からお金を稼ぐ事の難しさを学びました。

それ以上に、ぺぺ社長に会いに何度も顔を出してくれたり、

世間話をしに立ちよってくれたり、

「ありがとう!」というお言葉をいただいたり、

と、うれしい体験がたくさんありました。

これからもっと改善して、より皆さんに喜んでもらえるようなお店作りをしきたいと思っています。

また、お伝えできることができた際は、紹介させてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

-イベントをもっと楽しむための情報

Copyright© OMURA家の暮らしプラス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.