皆さんの「暮らし」に少しでも「プラス」になる「生きた情報」をお届けします。

OMURA家の暮らしプラス

地元自慢「行田市情報」

埼玉県行田市「古代蓮の里」見頃は?駐車場やアクセス?

更新日:

こんにちは、部長のコンです。

皆さん、「古代蓮の里」はご存知ですか?まだ記憶に新しい『陸王』の舞台である行田市の公園です。天然記念物に指定されている “古代蓮” をシンボルとする「古代蓮の里」は、子供からお年寄りまで幅広い世代に愛されています。それでは、詳しく紹介していきましょ~!

スポンサードリンク

古代蓮の里ってどんなとこ?料金や営業時間は?

公園の面積は、14ヘクタールでなんと東京ドーム約3個分!!

行田蓮を含む42種類の花蓮、ロウバイや梅林、サクラなどの樹木が約118種類、スイレン、ホテイアオイなどの水生植物が約15種類、ニッコウキスゲ、コスモスなどの草花が約10種類楽しめます。それが全て入場料無料でお楽しみいただけます!太っ腹でしょ?笑

そのほかにも古代蓮タワーやひろーい芝生の広場、

行田市の特産品や地元野菜などが買える売店や、蓮のきんぴらをトッピングしたうどんが食べられる食堂、

ローラー滑り台などのアスレチック様々な施設が入っています。

 

そもそも古代蓮って?

 出典:「古代蓮の里」ホームページより引用

「古代蓮」は、1400年~3000年前の蓮であると言われています。1971年に新しい焼却場施設を建設するための工事で、偶然、深く深く眠っていた種子が目を覚まし、池に開花しているのが発見されました。まさに奇跡!!!蓮の花を実際にみると、その大きさに圧倒されますよ!!ピンクの蓮が一面に咲いた景色は絶景です!

駐車場の有無やアクセスは?

駐車場は、普通車が490台、大型バスが8台分あり、基本は無料です。

普段の日は満車になることはありません。ただ、蓮の開花時期の6月下旬から8月上旬までは、混雑が予想されるため有料になります。その期間は、できるだけ早めの行動をしましょう!

あ、あと残念ながらワンちゃんは禁止なんです、、、泣

料金は普通自動車で1日500円、中型・大型車は1日1500円。また、JR高崎線行田駅・秩父鉄道行田市駅から、市内循環バスも出ています。運賃は観光拠点循環コースは1回150円、東循環コースは1回100円です。蓮の開花期間中はJR行田駅からシャトルバスも運行も実施しています。

※コースの時刻表や詳しい情報は、行田市のホームページをご覧ください。

シャトルバス運行時刻表

見頃っていったい?

蓮の開花時期は、6月下旬から8月上旬までです。

6月中旬の朝7時の時点の写真です。まだつぼみの状態ですね。

蓮の花は、早朝からゆっくり開きはじめ、午前8時ごろいっぱいに開きます。そして、昼頃には閉じてしまいます。午前中が身頃です!!お早めにお出かけください。

蓮池の写真を「古代蓮の里」公式ツイッターで、随時更新しております。https://twitter.com/g_kodaihasu

イベント多数!おすすめは?

古代蓮の里ではさまざまなイベントを行っています!お祭りやコンサート、わらアートや田んぼアート、蛍鑑賞会など、遠方から参加してくれる方も多くいらっしゃいます。

 出典:「古代蓮の里」HPより引用

H27年のわらアートです!!

面白いイベントですと、コスプレイベントやデジカメ講座などの参加型イベントもあります!HPで随時更新されているので、要チェックです!

そして、筆者のイチバンのおすすめはイルミネーション!!!11月下旬から1月上旬まで行っています。無料だからといって甘くないでくださいよ~!!

  出典:「古代蓮の里」HPより引用

めちゃくちゃキレイです!注意点がひとつ!9時30分には終わってしまいますのでお早めに見に行ってくださいね!

まとめ

筆者の実家から歩いて行ける距離にあるので、子供の頃から、古代蓮と共に成長してきた、思い入れのある公園です!今回調べて、改めて行田市に誇りを持ちました!自然が好きな方は絶対気に入ると思います。なんども言いますが無料なので、(強調します!笑)是非どんなものか一度足を運んでみてくださいね!!

 

 

 

スポンサードリンク

-地元自慢「行田市情報」

Copyright© OMURA家の暮らしプラス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.